竹橋コンサルティングBlog

赤字の麻痺

2018/07/23

赤字企業では、社長が赤字に麻痺してしまうことがあります。

資金繰りが持つとよりエスカレートしてしまうため、非常に危険な状態と言えるでしょう。何に手を付けたら良いか分からず、つい目先の忙しさにかまけて、大きな視点を見失ってしまうのです。こうなると、ズルズルと悪化の一途をたどって行くことになります。

改善するためには、ここをいかに断ち切るかが分かれ目となります。このような場合、工場の統廃合など会社の器を大きく変えるくらいインパクトのあることをする必要があると言えます。

資料請求・ご相談
お電話から03-6407-8799平日 10:00〜157:00
(土日祝及び休業日除く)