竹橋コンサルティングBlog

投資の相談

2018/06/18

リスケジュール企業の社長は、自分が思っている以上に、金融機関に相談しながら投資や新たな取引をしなければなりません。

社員としっかり話し合って決めていたとしても、金融機関はそうは捉えてくれないのです。“物事を勝手に進める社長”と判断されてしまう危険性があり、信頼関係が崩れるきっかけになりかねません。また、虚偽の報告と取られるような発言は避けることが大切です。ささいな認識の差によって、「あの社長は信用できないという」烙印を押されてしまうからです。一旦そうなると信頼回復はなかなか難しいため、社長はこういった点に注意することが必要です。

資料請求・ご相談
お電話から03-6407-8799平日 10:00〜157:00
(土日祝及び休業日除く)