竹橋コンサルティングBlog

キャッシュフロー計算書

2018/05/10

多くの中小企業において、キャッシュフロー計算書を理解している社長はほどんどいません。

売掛金、買掛金の増減などが、頭に入っていないのです。そこで金融機関は、会社の本当の数字がどこなのか、実態をしっかりと知らせてあげることが重要となります。厳しいかもしれませんが、赤字は赤字としてしっかりと伝え、原因を考えてもらうことが大切なのです。当たり前のことですが、社長自身が実績を捉えることが、改善の第一歩となります。

資料請求・ご相談
お電話から03-6407-8799平日 10:00〜157:00
(土日祝及び休業日除く)