竹橋コンサルティングBlog

社長の財務視点

2018/04/09

資金繰りと財務を冷静に考える時間を設けている中小企業の業績は、安定しています。

ところが多くの場合、経理や税理士まかせになっているのではないでしょうか。社長も、これまで何とかなってきたから大丈夫だろうと安易に考えていることが多いと感じます。しかしそれではだめで、社長自らが、業績の良い時でも常にここを意識しなければなりません。今期の決算までの資金繰りと資金残、そして借入金などB/Sの推移が重要ポイントとなります。

資料請求・ご相談
お電話から03-6407-8799平日 10:00〜17:00
(土日祝及び休業日除く)