竹橋コンサルティングBlog

四半期全体会議の効果

2017/12/18

四半期全体社員会議は、社長自身の棚卸しでもあります。
四半期を振り返ると、うまくいったこと、いかなかったことなど、多くの出来事があると思います。そこで、数字を見直し反省すべき点は反省し、個人やチームの新たな目標を立て、それを翌期にいかしていくのです。これらのサイクルができれば、企業は必ず成功に向かって動き出します。また、この繰り返しをすることによって、社員は自ら成長することができるはずです。

これによって社長の社員への関与度、コミュニケーションも活発になり、社員が何に悩んでいるのかも明確になります。こういった機会を面倒がらずに作っている企業は、業績が安定し成長しています。

資料請求・ご相談
お電話から03-6407-8799平日 10:00〜157:00
(土日祝及び休業日除く)