竹橋コンサルティングBlog

金融機関が話を聞くライン

2017/11/27

収支が赤字企業の社長は、たとえ赤字であっても、お客さんの評価が良ければ金融機関が支援してくれると考えてしまいがちです。

しかし、多くの企業を見ている金融機関にとって、「赤字企業ははっきり言って担当したくない」というのが正直な気持ちだと思います。企業にはここに至るまでの数々のドラマがあるのですが、金融機関はそこに目を向ける時間はありません。金融機関が話を聞いてくれるのは、最低収支トントンの損益状況、この原則を忘れてはならないのです。

資料請求・ご相談
お電話から03-6407-8799平日 10:00〜157:00
(土日祝及び休業日除く)