竹橋コンサルティングBlog

経営者と資金繰り

2021/12/01

多くの経営者は自社の数字を把握する際、P/Lの利益を中心に見ていると思います。B/Sはどうしても分かりにくく、敬遠してしまいがちです。

しかしそうなると、売上が立って売掛金の回収が遅れたり、例え在庫が増加しても利益には影響が無いため、P/Lだけ見ていると判断を誤ることになってしまいます。

経営者は、いま自社の資金繰りが厳しいのは、損益の赤字だけが要因でないと認識する必要があるのです。弊社では、P/Lの利益の多寡よりもB/Sの方が資金繰りに大きく影響していると考えています。

資料請求・ご相談
お電話から03-6407-8799平日 10:00〜17:00
(土日祝及び休業日除く)