竹橋コンサルティングBlog

正しい管理の重要性

2021/06/29

資金繰りを好転させるためには、正しい管理ができるかどうかが重要です。

しかし多くの場合、経営者が走るだけ走る、というパターンになりがちです。資金を管理をする人がいない企業は、忙しく走ってもなかなか利益が残りません。いわゆる利益の取りこぼしです。相手に言われた通りに全て支払うのではなく、どこを削り、どこを合理化していくか等、経理も一緒になって考える体制ができないと利益・資金は残りません。

資金を残すためには、経営者が「1円も無駄にしない」という強い意識を持ち、その企業文化を全社員が共有することが重要となります。資金ポジションと債権債務の正確な把握をすることで、無駄なお金(貸付、設備投資)が出ず、資金はしっかりと残っていくのです。

資料請求・ご相談
お電話から03-6407-8799平日 10:00〜17:00
(土日祝及び休業日除く)