竹橋コンサルティングBlog

資金繰りの見通しを立てる

2021/02/26

ほとんどの中小企業では、資金繰りの予定を立てられていません。売上や仕入の管理ができておらず、入金や支払いの予定が立てられないからです。

本来、企業が利益を残すためには、業務一つ一つを管理して無駄を省き、従業員が本気になって取り組まねばなりません。“予定を立てられること”は“管理できていること”の証になるといえますが、実際はほとんどの企業でそれができていないのです。

資金繰りの予定を立て管理することは、経営者にとっても重要な仕事といえます。資金繰りの見通しを立て、「資金不足」について、営業や仕入の管理といった視点で具体的な課題に落とし込み、従業員が取り組めることを考えていく必要があるのです。

資料請求・ご相談
お電話から03-6407-8799平日 10:00〜17:00
(土日祝及び休業日除く)