竹橋コンサルティングBlog

企業の常識は本当か

2020/02/10

企業において、ある事柄が常識になってしまうと、それについて誰も考えようとしなくなります。例えば「この取引はこういうものだ」と変に納得してしまい、誰もおかしいとは思わなくなってしまうのです。しかし、これほど危険なことは無いといえます。

経営者や幹部は、企業の常識となっていることを疑う必要があります。「今までの方法で本当に良いのか」「数字はどうなのか」などを常に考え、臨機応変に対応できる柔軟性を持つことが大切となります。そういった考えが無いと、企業は自然にどんどん悪い方向に行ってしまうのです。

資料請求・ご相談
お電話から03-6407-8799平日 10:00〜17:00
(土日祝及び休業日除く)