竹橋コンサルティングBlog

企業の寿命は3年

2019/11/29

極論かもしれませんが、「成り行き」で経営した場合、企業の寿命は3年が妥当だと考えられます(金融機関は、企業の準用の基準は3年と考え、そこから加算減算をして寿命の判定を行います)。

経営者や幹部は、果たしてその意識を持っているでしょうか。多くの企業は、今の事業が永続的なものだと考えがちです。しかし、それは絶対になく、顧客も10年前と今では様変わりしているはずです。
こういった認識のもと、今何ができるのかを真剣に考えることが、企業の成長発展につながっていくのです。

資料請求・ご相談
お電話から03-6407-8799平日 10:00〜17:00
(土日祝及び休業日除く)