竹橋コンサルティングBlog

在庫における業種の違い

2018/12/26

業種によって在庫の負担には大きな差があり、在庫が大量に必要な業種もあれば、全く必要ない業種もあります。

例えば接客を主とするサービス業において在庫は不要であり、リードタイムのある製品を手掛ける製造業では仕掛在庫や製品在庫は一定量必要になります。また卸売業においては、品切れによる機会損失は許されないため、多種多様の商品ごとに多くの在庫を抱えています。こういった業種では、在庫管理が利益に直結していると言えるでしょう。

このように在庫は、業種ごとに全く異なっているのです。

資料請求・ご相談
お電話から03-6407-8799平日 10:00〜17:00
(土日祝及び休業日除く)