竹橋コンサルティングBlog

経営者と企業の未来について話す

2018/12/19

金融機関の職員の方は、経営者と企業の未来について話すことが重要となります。つまり、「製品・サービスを今後どうしていくか」「人材を今後どう成長させていくか」「その中で売上と人件費を今後どう設計していくか」といった内容を掘り下げていくのです。

また、「現預金は適正か」「売掛金・在庫・買掛金の運転資金は適正か」「固定資産は適正か」「借入規模は適正か」「自己資本は適正か」など将来のB/Sをどうすべきか考え、そのために必要な取り組みを資金繰り予想に織り込み、経営者に伝えていくことが大切になります。

資料請求・ご相談
お電話から03-6407-8799平日 10:00〜17:00
(土日祝及び休業日除く)