竹橋コンサルティングBlog

資金繰り分析を行う前の留意点

2018/10/13

資金繰り分析を行う前の留意点はいくつかありますが、今回はそのうちの1つをご紹介します。

それは、「支払い」についてです。企業の実態として、支払いの優先順位は人件費>買掛金>経費>租税公課となります。そのため、分析を行う際には、まず消費税などの租税公課に支払遅延がないかをチェックすることが大切です。租税公課が滞りなく支払われていれば、人件費や買掛金もきちんと支払われていると判断できます。

逆に、もし人件費や買掛金に支払遅延があれば、かなり厳しい経営状況に置かれているという判断となります。

資料請求・ご相談
お電話から03-6407-8799平日 10:00〜17:00
(土日祝及び休業日除く)